女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。42話のネタバレ

いつもは女豹の丹生さんが
子猫のように可愛くなって…

女の子が落ちた先は、
俺の息子の先っぽでした。

42話はコチラ
▼ ▼ ▼ ▼

女の子が落ちた先は、
俺の息子の先っぽでした。

[ComicFesta]女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。.ver1.2.1

女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。42話のネタバレ

42話 挿入れる時は、慣らして焦らして…一気に奥まで…っ!!

「すなお…」

壮介にいきなり名前を呼びすてにされ、恥ずかしがる丹生さん。

「だから名前呼びやめてって!こ…恋人でもないのに…」

丹生さんがそういうと、壮介はすかさず

「じゃあ今から10分だけ恋人」

ふざける壮介に

「そういうのもナシだから!ほんと都合のいい時だけそうやって…」

とプイッと壮介から顔を背ける丹生さん。

すると壮介がいきなり

「かわいい」

と丹生さんに向かって言い出す。

壮介に突然かわいいと言われ、ドキっとして顔を真っ赤にする丹生さん。

いつもは女豹のような丹生が、まるで子猫のようにおとなしくなり…

女の子が落ちた先は、
俺の息子の先っぽでした。 42話
本編はコチラ
↓↓↓↓

[ComicFesta]女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。.ver1.2.1

女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。42話を読んだ感想

丹生さんがすっごく可愛らしです!

いつも生意気でうるさい丹生さんですが、壮介に「かわいい」と言われ顔を真っ赤にし照れまくってます。

生意気な女子が照れて恥ずかしがっている表情っていいですよね!

そしてこの後二人の絡みに突入するんですが、ライバル達に壮介を絶対渡したくない!という思いから、いつもより乱れる丹生さんがエロいです!

女の子が落ちた先は、
俺の息子の先っぽでした。 42話
本編はコチラ
↓↓↓↓

[ComicFesta]女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。.ver1.2.1