神の乳母 7話のネタバレ

何度も夫に謝りながら
絶頂に達してしまう人妻

(かみのめのと)
神の乳母
~異形に奪われた妻~
7話はこちら
▼ ▼ ▼ ▼

神の乳母~異形に奪われた妻~
7話はこちら

ハンディコミック【神の乳母~異形に奪われた妻~】※スマホ専用

神の乳母 7話のネタバレ

7話「私の大切な赤ちゃん…ちゃんと産んであげるから」そして妻は母になる

異形と初めての性交を終えた百合恵は、すっかり逞し異形の虜になっていた。

部屋に布団を敷き仰向けになり、異形を受け入れる百合恵。

異形のことが愛おしくてしょうがない百合恵は、異形の頬を抑え自ら唇を重ね舌を絡める。

その二人の姿はまるで愛し合う男女のようだった。

「んぁ‥ああっ…さっきより奥まで届いてる」

異形の逞しいペニスが膣奥まで届き、至福の表所を浮かべる百合恵。

「お腹がおちんちんでいっぱいになって…妊娠してるみたい…」

百合恵に気を使っているのか、前回のように激しく腰を振らない異形。

そんな異形に物足りなさを感じた百合恵は、

「我慢しないで動いていいのよ…私の胎内はもうあなたのものなんだから…」

百合恵がそう言うと、異形はその言葉を待っていたかのように突然激しく腰を降り始める…

「あぐっ!あっ!ひぅ…」

「すごい‥逞しすぎてママ壊れちゃう…」

神の乳母~異形に奪われた妻~
7話続きはこちら
↓↓↓↓

ハンディコミック【神の乳母~異形に奪われた妻~】※スマホ専用

神の乳母 7話を読んだ感想

異形に身も心も奪われてしまった百合恵は、逞し異形のペニスで侵されながら「あなたごめんなさい…」と何度も夫に謝り絶頂に達します。

異形の大量の○液を子宮に直接注がれてしまった百合恵はついに妊娠!?してしまいます。

人間ではない何かの○液を注がれてできた子供…その姿とは…

神の乳母は7話で最終話となりますが、最後には思いもよらない結末が待っています。

あ~そうだったんだ。と思うのと同時に、この後この夫婦はどうなっちゃうんだろうな~と続きが気になりました。

神の乳母~異形に奪われた妻~
7話はこちら
↓↓↓↓

ハンディコミック【神の乳母~異形に奪われた妻~】※スマホ専用