神の乳母 6話のネタバレ

人間ではない何かの○液
大量に中出しされて…

(かみのめのと)
神の乳母
~異形に奪われた妻~
6話はこちら
▼ ▼ ▼ ▼

神の乳母~異形に奪われた妻~
6話はこちら

ハンディコミック【神の乳母~異形に奪われた妻~】※スマホ専用

神の乳母 6話のネタバレ

6話「好きなだけママの中に出して」成長してオスとなった異形との生殖行為

「神様ぁ~~早く来てぇ…」

畳の上に四つん這いになって異形に向かって尻を突き出す百合恵。

「ふふ、百合恵さんもすっかり乳母のお役目が板についてきたわね」

普段は外出していることの多い神守さんですが、この日は百合恵達を見守るように在宅していた。

今日は成長しオスとなった異形との初めての性交の日。

異形の体は更に大きく成長し、今では成人男性よりも大きな体になっていた。

以前はへその緒のようだった触手も成長と同時に形を変え、立派な男性器として異形の股間で勃起している。

百合恵のアソコの匂いを嗅ぎつけ、後ろからのそのそと迫ってくる異形。

「いい子ね…こっちよ…あなたの逞しモノを‥私の中へ挿れて…」

百合恵がそう言うと、

「マ〝…マ〝…」

とかすれた声で叫びながら、勃起したペ○スを百合恵の小さなアソコへねじ込んできた…

神の乳母~異形に奪われた妻~
6話続きはこちら
↓↓↓↓

ハンディコミック【神の乳母~異形に奪われた妻~】※スマホ専用

神の乳母 6話を読んだ感想

神守さんが見守る中、異形との初めての性交に及ぶ百合恵。

異形の逞しく成長したペニスを膣奥までぶち込まれ、また情けに声を上げながら絶頂しまくっています。

一匹のオスとして百合恵を征服してこようとする異形。

もうまさに交尾活動ですね。

そして、ついに百合恵は夫以外の人間ではない何かの○液を息子を生んだ子宮で受け入れてしまいます。

逞しく育った異形のことが更に愛おしくなった百合恵は、女性としての義務を果たそうと異形に奉仕するのですが、その姿がまたエロいです!

神の乳母6話も必見ですよ!

神の乳母~異形に奪われた妻~
6話はこちら
↓↓↓↓

ハンディコミック【神の乳母~異形に奪われた妻~】※スマホ専用