神の乳母 3話のネタバレ

動物の交尾のような体勢で
子宮口を攻められて…

(かみのめのと)
神の乳母
~異形に奪われた妻~
3話はこちら
▼ ▼ ▼ ▼

神の乳母~異形に奪われた妻~
3話はこちら

ハンディコミック【神の乳母~異形に奪われた妻~】※スマホ専用

神の乳母 3話のネタバレ

3話「ごめんね…ママのお腹この子に盗られちゃった」子宮の奥まで侵し尽くされた母

ベビーシッター初日で異形に侵されてからも、毎日異形の元へ通う百合恵。

この悍ましい姿をした異形に体を汚されるのは耐え難い苦しみだったが、神守さんに「逃げたらどうなるかわからない」と脅され、逃げ出すことができなかった。

異形、そして神守さんには逆らうことが許されないような底知れぬ恐ろしさがあった。

神守さんはいつも百合恵を異形の部屋へ招き入れると、すぐにどこかへ出かけてしまう。

そして異形は百合恵が部屋ははいってくるなり、餌の匂いを嗅ぎつけたかのようにベビーベッドからズルズルと這い出してきて、百合恵の体によじ登り乳首にむしゃぶりついてくるのであった。

異形は百合恵の体液を啜って成長しており、初めにあった時よりも一回りほど大きくなっていた。

たった数日で成長する異形に、そしてその糧になっているのが自分自身であるということに、吐き気を催すほどの嫌悪感を抱いていた。

「やめ…ん…っ」

今日も異形に乳首をしゃぶられ続ける百合恵。

この異形に乳首をしゃぶられるのは気持ち悪く苦痛でしかなかったが、なぜかしゃぶられ続けていくうちに気持ちよくなってきてしまう百合恵。

(あの人の愛撫だってこんなに感じたことないのに…)

百合恵のアソコからは情けない液体が溢れ出し、その匂いに引き寄せられるように異形の触手は百合恵の股間へと伸びていく。

「…今日も…するのね…」

百合恵は愛する家族の顔を思い出しながら、これから行われるであろう陵辱に耐える覚悟をした…

神の乳母~異形に奪われた妻~
3話続きはこちら
↓↓↓↓

ハンディコミック【神の乳母~異形に奪われた妻~】※スマホ専用

神の乳母 3話を読んだ感想

異形の巨大なペ○スのような触手で子宮口をガンガン突かれ、体をブルブルと震わせながら情けない悲鳴を上げる百合恵。

まるで動物の交尾のような体勢で異形に侵され全く抵抗できない百合恵。

今回の異形はいつもよりさらに激しく、百合恵の子宮口から子宮の中へと入ってこようとします。

そこは大事な息子を生んだ場所だから‥と必死で抵抗する百合恵と、容赦なく攻め立ててくる異形のやりとりがかなり興奮しました。

まぁ百合恵が異形に勝てるはずもなく、やられてしまいますけどねw

神の乳母3話はかなりエロい内容です!

神の乳母~異形に奪われた妻~
3話はこちら
↓↓↓↓

ハンディコミック【神の乳母~異形に奪われた妻~】※スマホ専用