神の乳母 2話のネタバレ

必死の抵抗も虚しく
異形の触手は
下着の中へと潜り込んできて…

(かみのめのと)
神の乳母
~異形に奪われた妻~
2話はこちら
▼ ▼ ▼ ▼

神の乳母~異形に奪われた妻~
2話はこちら

ハンディコミック【神の乳母~異形に奪われた妻~】※スマホ専用

神の乳母 2話のネタバレ

2話「それ以上イかされたら壊れちゃう!」その触手は私の膣内を蹂躙し愛液を啜りました

体が思うように動かない百合恵によじ登り、延々と乳首にむしゃぶりつく異形。

「んぐ‥お願いだから‥ね?離れーーっ!?」

異形を引き離そうとしたその瞬間、異形の下腹部から太いへその緒のような物が生えていることに気づく。

へその緒はまるで太い男性器のようにも見え、百合恵は本能的に悍ましさ感じ必死で異形を引き離そうと抵抗する。

しかし、体は思うように動かず、そのまま畳の上に寝転んでしまった…

ピクピクと動いている異形のへその緒を見て百合恵は、

「それを‥どうするつもりなの…?」

と異形に訪ねるが、異形は全く無視し百合恵の乳首をしゃぶり続ける。

すると次の瞬間、異形のへその緒は勃起するように伸び、スリスリと這って百合恵の股間へと迫ってきた。

「うそ‥うそ‥イヤ……」

百合恵が想像していた通り、異形のへその緒はまるで触手のように蛇のように這って進み、百合恵の股間で止まり何かを探すように下着の上を弄りはじめた。

「やっ!やだ!いやっ!やめて!!!」

百合恵の必死の抵抗も虚しく、異形の触手はついに下着の中へと潜り込んできて…

神の乳母~異形に奪われた妻~
2話続きはこちら
↓↓↓↓

ハンディコミック【神の乳母~異形に奪われた妻~】※スマホ専用

神の乳母 2話を読んだ感想

ついに異形の触手が百合恵のアソコに入ってきてしまいましたね~

異形の触手を見てこれからされるであろう事を想像し、絶対イヤ!と必死で抵抗する百合恵。

しかし、体は思うように動かず異形の触手はどんどん百合恵の股間へと伸びていき…

この異形の触手が百合恵の股間へと迫るシーン興奮しました!

そして、この後の異形に犯されているシーンがやばいですw

異形の触手で子宮口を舐められ、初めての快楽に動物のようなはしたない声を漏らしながらイキまくっちゃってます!

神の乳母2話は必見です!

神の乳母~異形に奪われた妻~
2話はこちら
↓↓↓↓

ハンディコミック【神の乳母~異形に奪われた妻~】※スマホ専用