神の乳母 1話のネタバレ

悍ましい異形に迫られ
気が狂いそうになる人妻…

(かみのめのと)
神の乳母
~異形に奪われた妻~
1話はこちら
▼ ▼ ▼ ▼

神の乳母~異形に奪われた妻~
1話はこちら

ハンディコミック【神の乳母~異形に奪われた妻~】※スマホ専用

神の乳母 1話のネタバレ

1話「怖がらないで、その子は神様なんですから」妻は若く美しい身体を異形に貪られ…

「ただいま~~」

「おかえりなさい。あなた」

仕事から家に帰ってきた夫を玄関で出迎える主婦の杉山百合恵(29才)

百合恵は優しい夫と息子に囲まれ、平凡だけれども幸せな毎日を送っていた。

そんなある日、同じマンションに住む住人がベビーシッターを募集していることを知った百合恵は、ベビーシッターをやってみたいと夫に相談する。

話を聞いた夫は「同じマンションの人なら安心だし」と快くOKしてくれた。

翌日、依頼主である神守さんの家を訪ねる百合恵。

「ごめんください。704の杉山ですが」

するとガチャっとドアが少し開き、その隙間からジーっと女性がこちらを覗いてくる。

「どなた?」

女性の異様な雰囲気に驚き、一瞬言葉がつまう百合恵。

「あ‥あの…ベビーシッターの件で…」

百合恵がそう言うと、女性は急にニヤっとし

「あら…よくいらっしゃいましたわ。お入りになって」

と百合恵を部屋へ案内する。

部屋の中でなぜか喪服姿の神守さん。

妙な違和感を感じながらも、ベビーシッターの件について話を進める。

話をしていくうちに百合恵のことが気に入った神守さんは、百合恵に今日からベビーシッターを依頼することにする。

「赤ちゃんにお顔を見せてあげてくださる?」

神守さんにそういわれ、赤ちゃんがいる和室へと案内される百合恵。

その部屋は真っ暗で、部屋のど真ん中にベビーベッドがぽつんと置かれていた。

(どんな赤ちゃんなのかな~)と期待に胸を膨らませながら、赤ちゃんの元へ向かう百合恵。

しかし、そこにいたのは…人間ではなく醜く悍ましい姿をした異形の赤子だった…

神の乳母~異形に奪われた妻~
1話続きはこちら
↓↓↓↓

ハンディコミック【神の乳母~異形に奪われた妻~】※スマホ専用

神の乳母 1話を読んだ感想

ベビーシッターのバイトと言われ神守さんの家にいったら、ベビーシッターの相手がまさかの人間ではないというオチ…w

可愛い赤ちゃんのお世話ができるならと思って引き受けたのに、相手が昆虫のような姿をした異形の赤子ですからね(^_^;)

それを見た百合恵はもう恐怖で顔が引きつり、驚きのあまり発狂しちゃってますw

しかも神守さんに変な飲み物を飲まされて、急に身体に力が入らなくなってしまいその場に座りこんでしまう百合恵。

そんな百合恵にズルズルと音を立てながら、這い寄ってくる異形。

もうマジ恐怖ですw

これから百合恵はこの気持ち悪い異形にどんな風に犯されてしまうんでしょうかね~続きが気になりますね!

神の乳母~異形に奪われた妻~
1話はこちら
↓↓↓↓

ハンディコミック【神の乳母~異形に奪われた妻~】※スマホ専用